Monthly Archives: 7月 2015

ひと月契約からスタートした賃貸オフィス

賃貸事務所を借りるのでしたら、やっぱり最低でも1年は借り続けないといけないものだと思っていました。さらに言えば、賃貸事務所を借りるのでしたら、今後もずっと使い続けなくてはいけないと思っていました。

ですから言ってしまえば、期限が決まっている状態にて、賃貸事務所を借りることはできないと思っていたのですよね。まあ、最低でも2年ぐらいは使い続けなくてはならない…と。

しかし今は、この不景気な世の中だからなのでしょうか。ひと月でも賃貸事務所を借りることはできたのですよね。まあ、私の場合は知り合いの伝手にて、「しばらく空きができちゃうんだけど、誰か借りてくれる人いない?家賃半額でもいいからさー」というかなりおいしい話がやってきたのですよね。

そこで、「じゃあ、一ヶ月ごとの更新でもいいの?」という話をふってみたところ、先方はしばらく考えた後にOKを出してくれました。ただし、条件として「賃貸事務所の内装には手を加えないこと」というものがありました。

まあ、こちらとしては仕事場のスペースを確保できて、そして打ち合わせを職場内でおこなえるのならば、借りるメリットもあるかなーぐらいの気持ちにて交渉しましたので、そんなことは微々たる要素だったわけです。

そして実際に賃貸事務所を借りてみて思ったことはと言えば、「打ち合わせができるってすっごく楽!」ということですね。実はそれまで在宅ワーカーでしたので、打ち合わせをおこなう場所は自宅近くのカフェだったりしたのです。

ですからノートPCや資料諸々持ち込みが面倒だったのですが、けれども賃貸事務所を借りてみて、同じフロアー内で打ち合わせができる快適さを覚えてしまいましたね。

賃貸事務所をビジネスで使うことになった経緯

“仕事を変更してから時間が経過して事務所のようなものが欲しくなりました。自分でビジネスをするというスタイルだったのでその時に賃貸系の事務所を探していました。また、ビジネスには家族も関わっていたので上手く相談して賃貸事務所を検討しました。
今はインターネットなどでも大量の賃貸事務所の情報があって救われました。何故なら、以前は仕事で家族の賃貸を使っていたのですが事情によって使えなくなったのです。そういった理由もあって結果的に賃貸事務所を探すことになったのです。
できるだけ設備が整っている賃貸事務所を探すことにしたので時間が必要でした。家族もそこには適切な設備が欲しいと言っていたので参考にしました。また、場合によっては知り合いが使っている賃貸事務所も見てみました。こういった感覚で事務所を使っているという具体的な例があると分かりやすかったです。
賃貸オフィスというものは現代でより浸透した感じがします。私は実際に使うと思っていなくてその存在が大きくなりました。
一応は家族と相談して身近な賃貸事務所を使うことに決定しました。そこは可能なだけ設備が整っていてビジネスのためには良い環境でした。人も多く訪れるので恥ずかしくない賃貸事務所の選択ができたと思います。
それからは賃貸事務所の性能の高さを知って満足できました。こういった場所は新しい選択もできるので現代のビジネスには必要です。優れたビジネス環境を得ることも大事だと思った体験になりました。”

賃貸事務所選びで損をしないためのポイントは?

起業したり業務を拡大する際には、賃貸事務所が必要になることがあります。賃貸事務所を選ぶときに何を見ていけば、借りた後に後悔せず快適に使用していけるでしょう。

・広さ
賃貸事務所広さは、従業員の数や使用する道具の多さと比例して、面積を確保する必要があります。賃貸事務所の面積が狭すぎると、業務用具の置き場が足りずに、狭い空間を歩きまわるということにもなりかねません。そうすると業務に支障が出てしまいます。郊外の賃貸事務所のほうが安くなっているので、予算のことも考慮しながら決めましょう。

・周辺環境
賃貸事務所を選ぶときには、周辺環境も重要です。従業員が車を使って通勤するなら、郊外の不便な場所でも構わないでしょう。しかし従業員の電車通勤を考慮するなら、ある程度駅から離れていない場所にあるべきです。これは通勤帰宅時の事故のリスクを減らすことや、体力を確保することにも繋がります。また、学校や工場が近くにあると騒音で悩まされることもありますので、賃貸事務所の見学の際には事務所内を見るだけでなく、近隣環境もよく見て回ることが求められます。

・水回り
事務所には通常トイレや水道はありますが、キッチンが付いているかどうかも重要ポイントです。お昼など休憩時には、事務所内で食事を行うということもあります。

・エレベーター
ビルの1階なら、事務所に出入りするときの負担を減らせます。事務所が2~3階にあってエレベーターが無い場合には、階段を使うことで脚に負担がかかることもあります。エレベーターがあるかないかはチェックしてください。